ピストンパッキンOリング

ピストンOリングが痛んでいたり汚れていたりすると、押しボタンレバーを下に押しこんだ時の感触や引き金レバーを引いた時の感触が悪くなり良いブラッシングが出来なくなります。

痛んでしまっている場合は交換及びグリスアップを行って下さい。
汚れだけの場合は洗浄とグリスアップを行ってください。

ピストンOリングの取外し取付けの際には多少のコツがあります。
このアイコンが表示されている商品は送料無料です。(同梱もOK!)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

28